夏休みは子どもさんの姿勢相談急増します^_^;伊勢原・平塚・秦野市

2015-08-07

またまた、ブログの更新が、、、、、だいぶ前になってしまいました、、すいません、、

それにしても、連日の暑さ、、30度以上が当たり前になってしまいましたね。昨日、ママ友と話していたのですが、サッカーの練習に参加するたびに帰宅すると「頭痛い、、気持ち悪い、、」を連発しているそうです。。。。色々考えたほうがよいですね。野外でのスポーツは特に。。高校野球も心配です。

子ども姿勢

上記のお子様は通学カバンが背中の反りを強め、首を痛めてしまってのご相談でした。ほんと子ども達のランドセルっておもたいですよね。。。。これだけWebの時代なので、教科書もタブレットにしたらいいのになぁとおもいますね^_^;

さて、ピンクの姿勢が骨盤調整施術前です。顎が上がってしまって首の後ろがせまくなっています。

よく、「姿勢を良くしなさい!!!」といって無理に反らせてしまっている親御さんを見かけますが、背中だけ反る姿勢では、身体が緊張して、常に背筋を使い、かえって首・背中・腰痛を若いうちから引き起こしかねません。。。

下の写真では首が安定して、背中の反りも落ち着いています。

これは背骨の土台である「骨盤」を安定させた後の姿勢です。ピンクの写真では右肩もさがっていましたが、下の白い写真では肩の高さも横の反りも安定し、写真からも下の写真のほうがリラックスした感じが伺えます(^^)

ご本人もその手応えを感じて、首の痛みも殆どなくお帰りいただきました。

今回の施術でひとつ大変だったことは、本人が身体に触られるのが苦手だったことです^_^;

そうなんです、この姿勢の変化には首や背骨を殆ど触っていないのです。子どもさんの中には結構この触られることへの抵抗や「くすぐったがる」子が少なくありません。大人の方でも時々おりますが、これは単にくすがったがりではなく、身体の反応(細かくいうと反射)が影響している場合もあります。

反応(反射)なので、学校や学習椅子、食事の際の姿勢など、いくら注意してもなかなかまっすぐに座わってくれない!!とお悩みに親御さんには「それは反応(反射)」の可能性があるかもしれないので、無理に背中に刺激を与えないでも調整できるので安心してください!と伝えております。

この反応(反射)が過剰にでてしまっていつも背中が痛い、肩こりが辛いという方も相当おります。

そんな方にはお子様の場合は寝る前やテレビなどをみてリラックスしているときに「ふくらはぎ」をさする、揉む、伸ばす、押すなど、本人が「気持ちがいい(^^)」という方法で「もういいよ!」と本人が指示するまで続けるというのがとても効果的です。

これは東洋医学や、原始反射という脳の成長過程の話や様々なアプローチからも有効であることが分かっています。実際に当院ではそのように行ってリラックスしやすい身体を手にいれていただいております。

これに関してはまた時間をとってご紹介しますね!

最近、お子様の姿勢や行動、ストレス、子育てについてのご相談も増えているので、この「原始反射」という言葉が知っておいてもよいかもしれません。

もしかすると「怒らなくてもよいことが増える」ことで、お母さんのストレスがだいぶ減ると思います。

 

夏休み期間中はお子様と一日中一緒にいる時間が増えて、色々目について「こらっ!!」なんていいながらストレスが溜まってしまわないように、何かこの夏休みの機会に「どんな姿勢」で「どんな癖」があるのか、チェックしてみてください。

もしかすると「なんだ、そういうことか!!」、「身体の反応だからゆっくり身体が落ち着けるようにしようね!」と笑顔で応対できるかもしれませんね!!

お子様の姿勢などの調整のご予約・ご相談は 電話 0463−58−2511 まで。

コメントを書く







コメント内容


Copyright© 肩こり専門整体院 ほほえみ整骨院 All Rights Reserved.