肩から腕が上げられない痛みの原因とは?

2012-11-26

仕事での作業中に肩を痛めてしまい、腕が上がらなくなってしまった

方がご相談に来られました。

病院で検査後、三角巾で吊って様子をみていたのですが、しばらくして

三角巾を外してみたら、「あれっ、上がらない、、、」困った。。。

再度、病院ではシップで様子を見ましようとのことで、ご相談にこられました。

 

IMG_0073[1]   IMG_0078[1]   IMG_0079[1]

施術前 骨盤矯正後 肩関節施術後

 

通常の肩こりや凝りなどで、固まってしましっている状態であれば、大体、身体土台の骨盤を

矯正することで、真ん中の写真のように、肩を触れなくても改善できますが、今回の方は

ちょっと手ごわかったです、、

しかし、痛めた理由がはっきりしていたので、その後の肩関節の調整で一番右の写真まで

ほぼ痛みなく上げてもらうことができました!

じわじわ襲ってくる痛みと動きの制限がある「四十肩」などは、なかなかすぐに結果がでにくいのも

事実です。

 

とにかく、一番大事なのは、「何故、そのようになったのか??」です。

 

「肩こり」でも「腰痛」でも、何故?なぜ?WHY?です。

この原因をしっかりお聞きするのが、初回の方とのお話で一番重要視しているところです。

 

原因さえしっかり捉えれば、「肩こり」「頭痛」「腰痛」など怖くないですよ!!

 

皆さんの不安の多くは

「何故、痛くなったのか?違う病気ではないか?」

「また、痛くならないか??」

「検査で骨が曲がっているといわれたけど、、治るのかしら??」

のようです。

 

もちろん、不安であればしっかり病院での検査は大切ですし、医師の診断は重要です。

さらに重要なのは、

「そこで何をするか??」ではないでしょうか?

シップ、注射、お薬、、、温め、、電気療法、、再検査、、などでなかなか改善しない方が

当院には多く来られます。

原因は検査結果のなかだけとは限らないかもしれません。

どこの痛みでも、いつも言っている

「骨盤と背骨の土台と骨組みを直して、身体が自然に治っていく路を整えていくこと」

これが当院の治療哲学です。

今日もお電話で同じようなご相談がありましが、あいにく新規の方の枠がすぐになくて、辛いままで

申し訳なかったのですが、週半ばでご予約いただけたので少しお待ちください。

コメントを書く







コメント内容


Copyright© 肩こり専門整体院 ほほえみ整骨院 All Rights Reserved.