肩こりとマッサージ機の付き合い方?

2012-12-09

先日、こんなお問い合わせがありました。仮にAさん。「ものすごく肩首がつらいのですが、、、」

私 「何か治療や病院に行きましたか?」と聞くと、

Aさん「自宅にあるマッサージ機でマックスの強さでやってました、、」

私「とりあえず、マッサージ機はお休みしてみてください」と伝えました。

 

そして、二日後赤ちゃんと一緒にこられました。肩の辛い状態で頑張って育児家事をこなしていたの

赤ちゃん ですが、なかなかお子様を預けて施術を受けることができず、自宅にあ

るマッサージ機のマックスレベルで痛いところを当てて受けていたら、さらに

ひどくなったとの事でした。当院では基本的に1人で待ってられるお子

様であれば一緒にきていただいてもいいですよ、とお伝えしています。

施術の時間くらいは、「自分の時間」として確保して身体を休めてほしいからです。しかし、なかなか預けることのできない方は、Aさんのようにベビーカーで同伴もご相談にのります。途中泣いてしまったりすると中断せざるを得ないことはご了承いただいてます。

心配したAさんの症状はなんと、電話の際にお伝えした「マッサージ機をやめて」から劇的に良くなったそうです。「どうします?受けないでよければお話だけでいいですよ?」と伝えると、「根本的に治したい」とのことで、受けることになりました。途中、赤ちゃんもぐっすり眠っていて、親孝行さんでした (^^)

昨日こられた方も、肩コリがひどく、マッサージを受けにいって、かなり強く揉んでもらって、満足して帰ったら、翌日肩が上がらなくなったとのことでご相談にこられました。

よくあるマッサージや整体の殆どが、凝っている場所に強く揉んだり、押したりの方法を選択することが多いようです。実はこれは筋組織の破壊となっているかもしれません。

押してもらうと痛いところをわかってもらった満足感で、「もっと、もっと」となり、さらに強い刺激を求めます。いわゆる中毒ですね、、、 中毒になれば、それは「患者様」ではなく、「お客様」ですね。

「痛み」や「コリ」は固まった筋などのなかに流れる血液やリンパやエネルギーなどの停滞が原因で固くなっています。スムーズに流してあげるのが、一番効果的ではないでしょうか?

なぜ押すのか???? それも痛みをもっている方に強く???

「コリ」や「痛み」は身体のバランスを崩しているサインをあなたに教えてくれています。

いわゆる、骨盤や骨格の歪みです。

この歪みが、家事・育児、出産、生活習慣やクセ、お仕事の姿勢、運動での疲労などで生まれ、バランスを崩して、疲労となり、痛みとなり、身体にお助けサインをだしているのです。

あなたはそれを、お薬でサインを無視して、感覚を鈍らせて「治った」ことにしますか?

あなたはそれを、強く押したり、揉んだりして、その場をしのいでいきますか?

まずは、歪んだ身体をしっかり整え、バランスのよい、楽な身体を作り、全身にしっかり血液やリンパなど流れる路をつくって、コリや痛みのサインが出にくい身体を手にいれてみませんか?

モミ返しを「我慢」することと思っている方、身体はうまく全身の流れが良くなるのを待っています。

当院が行うことは「直す」こと。

あとは、あなたの身体が「治す」だけ。

もっと、自分の身体を信じてください。

もっと、自分の身体に優しくなってください。

もっと、自分を愛してあげてください。

そういう感覚で、物事をみていくと、何を選択したらいいか、心が教えてくれるとおもいますよ!

 

整体で身体を「直す」のは当たり前。そして、身体を信じて「治る」のも」当たりまえ。

でも、その先の元気、勇気、優しさ、希望、夢、自信などを手にいれてもらい、ともに喜びあえる関係でいれたらと思っております。

コメントを書く







コメント内容


Copyright© 肩こり専門整体院 ほほえみ整骨院 All Rights Reserved.