首が回らない本当の理由とは?

2012-12-04

肩が凝ってくると、上にのっている頭を支えている首の緊張がとても強くなってしまいます。その為に、「首が回らない、、」「腕までしびれる」といったご相談を受けます。この方は、首・肩の痛みを我慢して、腰からおしりまでの痛みとなって来られました。一年ぶりでしたが、見事に背中の高さが違ってますね。

11月29日名古屋整膚 013       11月29日名古屋整膚 014

施術前 施術後

事務仕事でほとんど座っていると、だんだん姿勢が前のめりになり、肩甲骨があばら骨とくっついてしまい、肩甲骨が動かなくなると肩や背中がパンパンに張ってしまいます。そうすると、肩甲骨は首につながる筋肉で左右に「八」の字でぶら下がっていますので、首を動かす筋肉まで固くなってしまい、首が回らなくなってしまうのです。

このような状態で来る方は結構多いのですが、「車の運転平気でしたか?」と、いつも心配になってしまいます。

この肩甲骨が自由に動くことが、肩こりや首痛改善の重要ポイントなので、無理に肩を押したり、揉んだり、首の凝っている部分をゴリゴリやボキッとするのは、結果へのアプローチであって、原因解決ではありません。

肩甲骨があばら骨から剥がれて、楽に動かせるようになった背中を一度体験してみてください!

背負ってた重みが無くなると、楽な動きはもちろん、気持ちも「ふっと」楽になります。押し込んでる訳ではなく、あばら骨を緩めていますから、内臓の圧迫も取れて、胃のむかむかや違和感もすっきりします。

よく、肩こりから吐き気がするというのも、背中が張って、あばら骨が猫背で狭くなってしまい、内臓を圧迫するからではないでしょうか?

この方のように背中美人(背中だけではないですよ) (^^) になって、今年の張りは今年のうちに取っておきましょう!!

年内の予約も6割くらいは埋まっています。ご予約はお早目に!!

コメントを書く







コメント内容


Copyright© 肩こり専門整体院 ほほえみ整骨院 All Rights Reserved.