めまい

急なめまいや立ちくらみ、急に聞こえが悪くなったり、耳鳴りがしたりして、慌てて病院などで診察を受けた方は多いのではないでしょうか?めまいという症状だけをとっても、緊急性を伴うものもあれば、安静にしていれば落ち着くものもあります。

めまいには大きく3つに原因が分かれます。

  1. 中枢神経系のめまい
    立っていられない激しいめまい、手足のしびれ、ろれつがまわらないような言語障害、片目でしか見れないなど視野が狭まるような症状が重なっている場合はとくに注意が必要です。もちろん整体は「×」禁忌です。
  2. 末梢神経系のめまい
    主に耳の病気が原因で起こるケースです。私たちはまっすぐに立つためには「平衡感覚」というのが必要ですが、この感覚を司っているのが内耳といわれる部分です。この内耳に何らかの障害があると身体の平衡感覚が乱れ、めまいが起こります。
    耳鼻科などで「メニエール病」や「良発発作性頭位めまい症」などと言われるケースがこれにあたります。

他にも様々な病名などがついているものもありますが、特徴としては

  • 安静にしていてもめまいの症状がとれない
  • 耳が詰まった感じがしたり、難聴を伴ったりする
    ※急に聞こえなくなった場合はすぐに医療機関へ!早期治療が重要!

実際は、これらの症状がでるまでに、つらい「肩こり」を我慢していたり、「過度なストレス」を感じていたりしている場合が多く、交感神経が過度に働き末梢血管の働きが悪くなり、内耳周辺の血行不良が原因となっていると考えられます。

この症状は、私も「突発性難聴」や「起立性のめまい」などで数回経験しています。過度なストレスや疲労の蓄積でこのような症状を発症しているケースが殆どです。

安静にしていれば改善するケースもありますが、心配であれば医療機関を受診しましょう。投薬などで様子をみるような症状であれば、首肩耳周辺の筋肉や姿勢の調整をすることでかなりの改善が見込まれます。首へのテープや指でできるセルフケア方法もありますので、お気軽にご相談ください。

耳鳴り

めまいを起こす方は耳鳴りや難聴を伴うケースが少なくありません。バランス感覚を司るの三半規管と、音を伝える蝸牛といわれる所は、難聴と密接に関係しているためです。その周辺の血行不良が起きることで複合的な症状となってしまいます。

どちらも我慢せずに、一度医療機関を受診され、ある程度日常生活が行えるようになった段階で整体を行っていきましょう。

吐き気

肩こりを原因とする「吐き気」は、実際に嘔吐するケースは殆どありません。肩こりの原因となっている猫背姿勢で胃や腸を圧迫してしまい、これ以上胃に負担をかけまいと身体が吐き気として反応してしまうと考えられます。
その他に、肩こりから血行不良を起こし、自律神経のバランスを崩すことが原因ということもあります。

三半規管の血行不良によるめまいや吐き気は、脳が敏感に揺れに反応してしまっていることで起こってしまいます。しかし、頭部の強打や激しいめまいを伴うような吐き気・嘔吐は早急に医療機関の受診をお勧めします。

Copyright© 肩こり腰痛専門整体院 ほほえみ整骨院 All Rights Reserved.